FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタカード考察 その1

憎悪と怒りの獄門(エターナル・ゲート) SR 闇/火文明 (6)
呪文
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
相手のシールドが自分のシールドより多ければ、この呪文を唱えることができる。
自分のシールドと同じ枚数のシールドを、相手は自分自身のシールドゾーンから選ぶ。相手は残りのシールドを持ち主の手札に加える。(その「S・トリガー」を使ってもよい)


速攻に対するメタカード。
新環境では速攻デッキは主に2つ、水単速攻、墓地進化速攻が挙げられます。
さらにはヴァルディ・ビート、マルコビートなどといったビートダウンの活躍も。
ブロッカーでは対処しきれないところもあるので、シノビをしっかりとつめればいいですがなかなかそうもいかないところ。
スペースをあまり割かずに対策をするにはこのカードが最適です。クリーチャーを1,2体出すことができていれば逆転もあり得ます。持っているひとは一考の価値あり。

しかし、気をつけたいのがこいつ1枚ですべて完ぺき!とまではいかないところ。
速攻ならペース的に打つ前に負けることもありますし、ビートダウンなら読まれると攻めのペースを緩め、一気に攻撃してくるということもあります。
使うなら、手札からも使えそうなシールドトリガーつきカードや、シノビを数枚積んでおきたいところ。



 エターナルカードの+カード


上記のように、使う際には注意が必要となってくるエターナル・ゲート。
デッキに入っている他のカードによってはシノビガン積みのほうがスペース的にお得な場合も良く出てきます(他の対策もありますし)。

第1に気をつけたいのはシールドトリガー発動可能な点。シノビ発動の可能性がある点。

大体のデッキにシールド・トリガー若しくはシノビは入っていて間違いありません。
水単ならスパイラル・ゲートやテンサイ・ジャニット、ビートダウンならスクラッパーやアクアサーファー他・・・
そこで最低限入れておきたいのはシールドトリガー・クリーチャー。
アクア・サーファーやグレイプ・ディール、ムラマサのコンセントといったクリーチャーは手札から出しても有効なうえ、ゲート後の攻め手を増やしてくれます。
さらにさらに重いクリーチャーが多いのでジャニットも怖くない!といたせりつくせり。ぜひ入れておきましょう。


第2に手札に入れる策を考えておきたい、ということ。

シールドに入っていれば世話ないですが、なかなかそうもいかないところ。
手札は増えるので握っておくには問題ないものの、ドローできなきゃ意味ありません。
グットスタッフ的なデッキならばクリスタル・メモリー+アマテラスという万能パーツを投入しておいたり、その他のデッキならばどうにかして・・・(アバウト
使えなければメタカードも宝の持ち腐れ。他のメタカードを持ってくることも考えてサーチカードがあると心強いです。


第3には攻め側のリズムを考えたいということ。

こっちがゲートを使えるときに、シールド0枚かつクリーチャーがいる・・・という状況はなかなかありません。
それを適当になるだろう、と思っておくのはダメ、ゼッタイ。
多少の対策カードを積んで、発動を確実にしておきましょう。
シノビは普通に出しても攻め手+守りになりますし、アクア・スーパーエメラルも攻め、ブロック、トリガー仕込みと超便利。他のカードと相談して数枚入れておきましょう。


こんな感じです。便利なカードではありますが、無理やり入れるのではなく、全体的に見て入れるべきかどうか考えましょう。上記のように他のカードで間に合う場合も多いです。


まとめ

・青銅の鎧をはじめとするブーストカードはほぼ必須。攻め手にもなって一石二鳥。幻緑の双月も好相性。
・エターナル・ゲートを複数枚入れるのはよっぽど速攻に環境が傾いていない限り微妙。1枚積みにしてサーチカードを使用するのが吉。
・エターナル・ゲートに完全依存しないこと。シノビやその他のクリーチャーで対策すべし。
・総じて、ほかのカードと相談してご利用は計画的に。


スポンサーサイト

テーマ : デュエルマスターズ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@G.

Author:@G.
3弾発売ごろからやっております。
まだまだ未熟ではございますが、
お役にたてれば幸いです。

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
公式ブログパーツ
カード検索ご活用くださいませ・・・もしかして重い?これ?
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。