FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

封魔ゴーゴンシャック考察 2

続き。というほどでもない続き。



封魔ゴーゴンシャック UC 水文明 (3)
クリーチャー:グランド・デビル 2000
呪文を唱えるコストは2多くなる。


ビートダウンに入れる場合の考察を・・・

入るデッキ

1・トリーヴァビートダウン


自然・水・光のビートダウン。
特徴として、進化クリーチャーが強い(ビートダウン向けの)、全体的にクリーチャーサイズが単体では小さいという点が挙げられます。
そこでゴーゴンの出番。相手のドロー、マナブーストを遅らせるだけでこっちの出番。
タップカードや進化によるサイズアップは多いのでビートダウンに入れる中では一番適任かもしれません(グランド・デビルデッキは除く)。
むろん、自分は呪文を使いにくくなるのでフォーチュン・ボール、コロン、青銅の鎧、バルゾーなどなど優秀な出たとき能力クリーチャーを使用していきましょう。

マナカーブは注意!マンモキャノンを使うのも時にはありかも。


2・アナカラービートダウン


闇があるので、できれば手札破壊を絡めたいところ。
ジェニーと相性がいい・・・といいたいところだけど、あくまで攻めのサポートとしてのゴーゴン。
できればテンポを乱さず手札破壊をしたいところ。パラサイトワームの進化+ゼリーワーム辺りを使いながら攻めるとかとか。
直接的な相手への妨害手段が少ないのでちょうどいいかもしれません。スペースを割く価値はあります。


3・クローシスカラービートダウン


こちらも闇入り。手札破壊するのはありです。
しかしながら、むしろこの色だと手札破壊するよりもパワーで殴り切ったほうが強いかもしれません。妨害手段としては強く、有効なのでクリーチャー能力で補強しながら攻めていきましょう。
フォーチュン・ボール、クゥリャン辺りが主力ドローソースとなりますが、マナがたまらないので気をつけて。
マナカーブに気をつけてデッキを組めばゴーゴンを入れる価値は十分あります。
3コストは大分強いカードがそろっているので無理やり使わなくてもいいですが、オンリーワンの能力なので、除去、スピードアタッカー、手札破壊とかを他のクリーチャーを違うコストのクリーチャーに置き換えて使うといい感じ。




以上。紹介でした。可能性はいろいろあるので構築次第では使えるカードですね。
スポンサーサイト

テーマ : デュエルマスターズ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@G.

Author:@G.
3弾発売ごろからやっております。
まだまだ未熟ではございますが、
お役にたてれば幸いです。

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
公式ブログパーツ
カード検索ご活用くださいませ・・・もしかして重い?これ?
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。