FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準闇単 総括

おまとめ回でーす。

準闇単のデッキパーツの考察をつらつらしてきましたが、基本は変わらず。というか変えないようにしなければ気をつけなければいけません。
どんなパーツにしても、

○ザマルのアタックトリガーが生きる形にし、パーツを加える際はスピードを上げる、確実な攻めができるようにする(手札破壊、クリーチャーを増やすといったこと)のどちらかに絞る。

●手札破壊は増やしすぎても仕方ない。手札破壊はあくまで攻め助けるものであり、それだけでは勝てない。スネークアタック(例)といった攻めのカードを捨ててしまうのはナンセンス。


ここを忘れずに組むことが重要かと思います。
コメントよりいただきましたが、水のパーツをいくつか増やす方法もあるようです。
が、私の構築頭だと水を増やしすぎるとマナに埋めにくいことといった事が懸念されてプレイの拘束事項が増えるため望ましくないかもしれません。
何回かプレイをしてみて、なれたら投入を考えるのもありでしょう。

また、レインボークリーチャーの枚数も気をつけるべき点です。
基本的には2コストクリーチャー2種(ハリセンモン、メルニア)、デッキのタイプ次第で他のカード、説いた感じでしょうか。
多すぎると前半の今引きプレイが厳しくなるので、攻めのペースと相談しつつ、10枚程度でとどめるのが無難かと思われます。

最後に気をつけるべき、敵カードを何枚か紹介しておきます。

斬隠(きりがくれ)テンサイ・ジャニット C 水文明 (3)
クリーチャー:サイバーロード/シノビ 1000
ニンジャ・ストライク4
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにあるコスト3以下の他のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。


天敵1。
ザマルの攻める4ターン目には相手も当然4マナ(先攻、後攻差はありますが・・・)。ギアもザマルのお手上げ。
スピード性がないこのデッキにおいては非常に厳しいところでありますが・・・対策自体も難しいものがあります。
恐らくザマルにかけすぎないプレイをすることが重要かと思われます。
クリーチャーの展開には細心の注意を図り、ザマル以外の手札破壊手段や攻め手を切らさないように気をつけましょう。
ニンジャストライク全般は躊躇せずに突破することを一番に考えた方がいいかもしれません。


斬隠蒼頭龍(きりがくれそうとうりゅう)バイケン SR 水文明 (6)
クリーチャー:ポセイディア・ドラゴン/シノビ 6000
W・ブレイカー
相手のターン中に、このクリーチャーが自分の手札から捨てられる時、墓地に置くかわりにバトルゾーンに出してもよい。そうした場合、バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。
自分のシノビの「ニンジャ・ストライク」能力を使った時、カードを1枚引いてもよい。


もっと天敵。
出た瞬間死亡確定といって差し支えないレベル。ですが他の手段も厳しいものがあります。
手札破壊が禁止されたといっても過言ではないのであきらめてビート一本に絞るしかありません。

どちらも対策必須。読みも必須。準闇単の厳しいところです。


安いデッキですし、一つ持っておいて損のない幅の広さ。おススメです。
スポンサーサイト

テーマ : デュエルマスターズ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@G.

Author:@G.
3弾発売ごろからやっております。
まだまだ未熟ではございますが、
お役にたてれば幸いです。

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
公式ブログパーツ
カード検索ご活用くださいませ・・・もしかして重い?これ?
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。