FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイング理論的な 墓地進化速攻

せっかくテーマがあるんだから書かないと!
墓地進化押し押し。何が何でも組ませてやる勢い。

プレイングって書くのすごく難しいですよねー。状況に依っちゃうことが多くって。
ただケーススタディ的にいくつか伝えられることがあるかと思うので、まとまらない感じで書いていきまーす。


●基本はシールドに特攻。ブロッカーがあるのみ変動する

墓地進化速攻はシールドを割る枚数の増加カードが最大8枚体制ほどで入れられます。

エボリュート・パワー UC 自然文明 (2)
呪文
このターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体のパワーは+3000され、シールドをさらに1枚ブレイクする。そのクリーチャーが進化クリーチャーであれば、カードを1枚引いてもよい。



無頼封魔アニマベルギス C 闇/自然文明 (2)
クリーチャー:グランド・デビル/ビーストフォーク 1000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーはシールドをさらに1枚ブレイクする。


この2枚は非常に使いやすく、少なくともアニマベルギスはほとんど入るエースカード。
能力の後押しを受けつつ、墓地進化クリーチャーでテンポ良く殴っていけばスピードはかなり早くに勝負をつけることができるため、当たり前ながらシールドのみにアタック対象を絞り、殴っていくことが大切です。

殴り返しが懸念される場合、他のデッキだと多少攻めを躊躇することがありますがこのデッキにおいてはその必要はあまりありません。
理由としてはシールドを1枚でも少なくして、なるべく早く0枚にしておいた方が対策カードを封印したり、プレイング的な有利が出てくるからです。

代表的な対策カードとしてローズキャッスルがありますがシールドを0に指定\おけば心配する必要がなくなります。
何枚も積むカードで内故、シールドの中に入っていて次のターンには城塞化されてしまうかもしれません。
それにシールドトリガーを踏んでもテンサイジャニットで戻されても、とにかく1ターンでも早く攻めた方がいいに決まっています。
後になればなるほど相手に猶予を与えますし、時がたってもトリガー、シノビが発動されなくなることはありません。
早く攻め込んでしまえば相手はシノビを使わざるをえなくなるけど殴り返しのクリーチャーはあまり必要なくなるし・・・と相手の行動の制限にもなります。言いにくいけど。


例外になるのはブロッカーがいるときでしょうか。
アニマベルギスでサポートしたクリーチャーがブロックされてしまうとテンポが乱れるのでそれ以外のクリーチャーで攻めることになりますが、早くしないとアニマベルギスの効果が無駄になってしまう(シールドが減って意味がなくなる)ということも起こりえます。
他にも破壊カードやキリンソーヤなど選択肢があるのでクリーチャーの展開やアタックの順番を考えなければなりません。

基本的に相打ちできるくらいなら気にせず攻めていくのが吉。
破壊カードはムルムル、ロードリエスといった大変なクリーチャー他、越えられない壁になりそうな時に早め早めに使っておくだけにしておきましょう。
ある程度温存を考えないと、手札の枚数や時間的に厳しくなります。

アタックの順番は他のデッキでもおなじみにパワーの高いクリーチャーから。
若しくはムルムルといった破壊したいカードの場合は低いクリーチャーから攻め、あえてブロックさせることによって破壊を誘う方法もありです。
ブロッカーを使うデッキなら進化カードがより重要になってくるので先に先に召喚しておかないと持ちません。他のデッキなら普通のクリーチャーから展開する方がいいのですが・・・(召喚酔いがあるので



1日目はこんな感じ。遅くなって済まぬ!
スポンサーサイト

テーマ : デュエルマスターズ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@G.

Author:@G.
3弾発売ごろからやっております。
まだまだ未熟ではございますが、
お役にたてれば幸いです。

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
公式ブログパーツ
カード検索ご活用くださいませ・・・もしかして重い?これ?
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。