FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水闇ビートダウン デッキ構築について

どうしても遅がけの更新になってしまうなぁ…それでもしっかり書こう。

ロメール以外の水プラス闇でくむビートダウンの考察を。
今回からデッキパーツのカテゴリーを構築のポイントも書けるように名称を変えました。
主力となるのはこの二枚。

腐敗電脳メルニア UC 水/闇文明 (2)
クリーチャー:リキッド・ピープル/ゴースト 1000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーはブロックされない。
スレイヤー

機怪人形ガチャック UC 闇文明 (3)
クリーチャー:デスパペット 2000
ターボラッシュ
TR-このクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかったとき、バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主の墓地に置いてもよい。


主軸にしたいカードが違う場合以外は、《ガチャック》をプッシュするような形が最も強力で、理にかなっています。

一、他の色で組む際は《メルニア》のようなブロックされないクリーチャーがつかえず、ターボラッシュの発動が難しい。

二、パワーの低い二色なので、破壊効果やブロッカー対策が無くては厳しい。

三、手札補充はあるが、大型クリーチャーにフィニッシャー(切り札)となりえる物が少なく、小型クリーチャーだけでテンポよく攻め、こじれたら数枚のフィニッシャーで勝負を決めるような形にしたい。

以上の点を踏まえると、他の色の組み合わせに勝ち、尚且つ強いデッキ…というとこのデッキタイプが自然に浮かび上がってきます。


《ガチャック》が古いカードなのが残念ですが、この組み合わせを中心としたデッキの組み方を考察していきたいと思います。



まず、この二種類のカードを単体で考察します。


《ガチャック》

このカードの凄い所は、一回ターボラッシュが発動すればその後も続けざまに発動しやすい環境を自然に作り上げることが出来る点。
ブロッカーや、殴り返してくるクリーチャーを破壊すれば、相手はなかなかこのカードを処理出来ずにこちらへ展開が傾きます。
相手は次のターンに何かしらカードを使うでしょうが、こちらも返しのターンで何か出来るのですから打ってきた手を潰せばいいだけ。

相性のいいカードは、《メルニア》を初めとするブロックされないクリーチャー、手札進化、墓地進化などの擬似スピードアタッカー、手札破壊カードなど。
進化クリーチャーはガチャックを出した次のターンに奇襲をかけられますが、ブロッカーには注意。
手札破壊はシノビを潰せるのが最大のポイント。
相性がいいカード、手札補充クリーチャーをうまく織り交ぜて組みましょう。


文字数的にここまで…
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@G.

Author:@G.
3弾発売ごろからやっております。
まだまだ未熟ではございますが、
お役にたてれば幸いです。

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
公式ブログパーツ
カード検索ご活用くださいませ・・・もしかして重い?これ?
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。