FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再録カード考察 六

結局、カードに触れてなくて淋しい…
頭だけ働かすんじゃなくて、それを実際に動かして、改正していく楽しさを味わいたいなぁ…
口寄の化身(シャーマン・トーテム) VR 自然文明 (6)
クリーチャー:ミステリー・トーテム 4000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分の、ミステリー・トーテム以外の種族1種類につき1枚、カードを引いてもよい。

自然の優秀ドローカード。
以前スーパーデッキに一枚だけ入っていましたが、やはり複数あってデッキに生かせるカードなので嬉しいところ。

今までだと種族にこだわらないデッキ…つまり進化カードを使わないデッキで使うドローソース、と考えられていましたが。
最近では進化元もニコスト三種族もちとか、レインボーカードで二~三種族もちなんてのもざらですから使いやすい限り。
混色でビートダウンやクリーチャー・コンボデッキを作るなら水を入れる、という以外にも、こいつや《ディメンジョン・ゲート》《進化の化身》など自然だけで効率よくカードを回収する方法もありです。マナ回収も《カブラ・カターブラ》とかでできますしね。


クリムゾン・メガ・ドラグーン VR 闇/火文明 (7)
クリーチャー:ティラノ・ドレイク 5000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべて破壊する。

強いといえば強いのですが…入るデッキがそこまでないのも事実。
実際、火、自然、闇とか火、闇、水のビートダウンで入るくらいですが入っても一枚、そのうえ《ロウバンレイ》なんかのブロッカー対策もあるので、調整していくと抜けていったり…


と、悪いところが目立ちますが場をいきなりひっくり返すという意味ではちょっとありそうもないデッキに突っ込んでおくと対応できる相手が増えるかも。
例えばヴァルディビート。レインボーカードの枚数が大丈夫なら入れておくとハイドロやヘヴンズ・ゲートデッキなどへ対応できるかも?事故で長引いた場合に出して、相手が立ち直るのを《ヴァルディ》で止め…みたいな感じで。

能力は弱くないので使われていく可能性は秘めています。色々試してみたいところ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@G.

Author:@G.
3弾発売ごろからやっております。
まだまだ未熟ではございますが、
お役にたてれば幸いです。

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
公式ブログパーツ
カード検索ご活用くださいませ・・・もしかして重い?これ?
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。